2013年3月27日水曜日

ごめんね。。。

 姫のクラスで,お金の数え方の授業が始まった。
25¢を4枚、1¢、5¢、10¢を10枚ずつ学校に持って行く。
その準備をするのに貯金箱をひっくりかえしたら、懐かしいお金が出て来た。

 次男坊のイニシャルをかいたコイン
次男坊が丁度、今の姫と同じ学年の時
同じことを学習する時に学校に持たせたコイン

 今回、姫の先生から来たお便りにも同じことが書いてあった。
次男坊の時にも同じように書いてあった。。。

We would like each child to bring in 4 quarters, 10 dimes, 10 nickels, and 10 pennies in a LABELED Ziplock bag.  It needs to be a re-sealable bag, not a fold over bag so the coins do not spill out. 

 ジップロックバックに名前を書いて,持たせてくださいって。。。
それなのに,私は勘違いをして、ひとつひとつのコインに名前を書かなくてはならないと思ったのだ。
そして、細いペンで書いて,でも、だんだんイライラしてきてイニシャルだけにしたのだ。。。(笑)

 後で読み返したら,本当に私の勘違い。。。
だけど,そう読み違えてしまった私は、まだ幼かった姫をあやしながら一生懸命準備した。

 そして学校から帰って来た次男坊にその日の様子を尋ねたら,次男坊はちょっと涙を浮かべながら,コインに何か書くのはいけないんだって。ポリスにつかまるって先生が言ったよ。こんなことをしてはいけないって、みんなに言われた。。。と、その日のことを教えてくれた。

 本当にゆっくり読み返してみたら,私の単純な間違い。でも、この母の英語力のなさでまた子どもに悲しい想いをさせたと、今でも、このコインをみたら胸が痛む。
母の英語力のなさに、いつも子ども達には心細い思いをさせているだろうなあ。。。って思う。それでも、どの子もそれぞれの力で育ってくれている。
ありがたいなあ。。。って、思わずにはいられない。。。







0 件のコメント: